ロゴ
HOME>特集>シロアリ駆除を行なわなくてはいけない理由~シロアリ被害について~

シロアリ駆除を行なわなくてはいけない理由~シロアリ被害について~

シロアリ

木造建築の一戸建ては、柱と梁の構造体で頑丈に支えられています。構造体が弱ってしまうと、建物が倒壊する危険性が生まれます。建物の構造によっては、柱と梁だけでなく、壁で支える構造もありますので、壁で支えている構造の場合は壁材も重要です。シロアリは湿気と暗闇の環境を好みますので、壁材の内部にも侵入しやすく、適度な湿度があればコロニーを形成することもあります。柱と梁がシロアリに食べられてしまうと、木材の内部がスカスカになってしまい、衝撃に対して弱くなります。床板の下の柱と梁がシロアリの被害にあうと、床が弾力のある状態になってしまい、フワフワと柔らかい感覚になります。床板だけで支えている状態になるからです。シロアリ駆除をせずに放置していると、人間の体重で床板が割れてしまい、怪我をする危険性もあります。地震の揺れや、台風などの強風による圧力で建物が歪んだ時に折れやすく、シロアリ駆除をしないでいると建物の倒壊の危険性も出てきます。

シロアリ駆除は、現状把握と、適切な薬剤の選び方が重要ポイントになります。現状把握は、どのようにシロアリが侵入して、どの箇所を食べてしまったのか正確に調査で行います。基本的に床下と天井裏は調査しやすいのですが、シロアリが歩いた痕跡の蟻道が多ければ、蟻道の方向や点在場所から推測して、壁材の内部も調査します。現状把握が済んだら、殺虫駆除の薬剤を決定します。シロアリが生息している場合は、殺虫効果の高い薬剤が必要です。シロアリが生息していない状態で、食べられてしまった形跡が残されている状態だけならば殺虫効果を弱めるかわりに害虫忌避効果を高める薬剤を選んで、予防効果を高めます。シロアリ駆除の効果を高めるときは、成虫だけでなく幼虫の駆除もポイントになります。シロアリの卵も殺虫できる薬剤ならば、忌避効果も高く、予防効果が持続しやすくなります。

駆除